いつか終わりが来る児童扶養手当(若ければ良いけれど...)



休憩のコーヒータイム( ´∀`)

9月に入ってからは

仕事も落ち着いています。。。




少し前に

手当ての額のことなどを書いたのですが




児童手当も児童扶養手当も

いつか終わりが来ます...




児童手当は中学終了まで

児童扶養手当は18歳まで








子ども一人と仮定してですが



児童手当は毎月1万円、年間12万円

児童扶養手当は

仮に満額なら毎月42500円、年間で51万円

合わせると

年間63万円(○_○)





前回の記事に書きましたが

我が家の場合は

最も多かった時の支給額は39000円ほどで

年間では約46万円

児童手当の年間12万円と合わせれば

年間58万円

満額に近い、かなりの額でした



ありがたいと思いましたが



その反面

この額をあてにした生活設計にするのは

避けねばならんなぁ。。。と思いました


ずっとずっと続くわけでなく

まさに今日のタイトル通り

『終わりが来る』からです...





我が家の

昨年8月~今年8月までの

児童扶養手当の支給額は19980円と

今までで一番少なくなりましたが



がっかりではなく

『やっとここまで自力の収入を増やせた』

『良かった』

という気持ちです...





児童手当は

子供のいる世帯一律、金額も同じですが



児童扶養手当は

支給額は収入等によって変動する仕組みなので





変な話、

『これくらいの収入に抑えておけば、満額もらえる』

という考え方もあると思います




子どもを見てもらえる人がいない、病気などであまり働けないなど
環境的に
それ以上仕事が出来ない方ももちろんおられますから
そういった方は別として

環境的に、まだ働ける与力があったとしても
収入を抑えて満額もらうという手段です




働きにくい環境ならば仕方ありませんが



私の場合は

母が子供の世話をしてくれて

どれだけでも働ける環境があるのですから



自力の収入を増やす、手当てを減らす

そうするべきだと思いました





まずは児童手当に終わりが来て

3年後には

児童扶養手当に終わりが来ます



終わりが来たときに

自分が若ければ

仕事を増やすなどで挽回できるかもしれないですが



私の場合

児童手当の終了時に51歳

児童扶養手当の終了時で54歳......




収入がやっと400万になったとはいえ

残業含んでの額で



私の年齢とスキルで

残業ナシで400万稼げるところなど

有るわけがなく(|||´Д`)



45歳の今でも

残業ありのフルタイムは

体力的にきつい時もあるので



今から6年後、9年後に

同じ勢いで働けるかどうか分かりません。。。



c0333823_09293380.jpg



ただ

それだけ自分の時間と体力を投入して

『長時間働く』ということに

慣れておくだけでも

先は違うのではと、、、




50代を過ぎてから

いきなり増やそうと思っても

体力、気力が追い付かない可能性もありますし



仮に、やる気があったとしても

その時の景気、自分の年齢、スキルによっては



『良い給与の会社が
 自分を雇ってくれるかどうかは、わからない』



という恐ろしい現実も

なきにしもあらずなので。。。


(|||´Д`)







by runayuco | 2018-09-10 08:07

女3人と猫2匹のおうち作り


by runayuco
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る